面接に行く際の心得と準備

面接では、熱意をアピールしましょう

面接に行く際の心得と準備 企業に入社しようとする場合、面接は必ずあります。採用する側にとっても雇用することはその企業にとって、重大なことです。では、なぜ重大であって、比較的短時間の面接で何を評価しようとしているのでしょうか。まず、企業にとっての職員を雇用することは、企業の原動力を給料としてのお金を払って、負担することになることを忘れてはなりません。人件費は企業にとっての多くの場合、かなりの比率を占める費用となります。企業の原動力となる人を一度も会わないで雇用することは考えられません。強いて言えば、企業の命運がかかっているとも過言でない場合が、多々あります。

では、面接で何を評価しているのでしょうか。世の中にはハウツー本もあります。必ずしも間違いでありません。しかし、あくまでも面接のマナーが書かれているものと言っても過言でありません。どんなに正しく作法に従って面接を受けることができても、その企業や仕事に対して無関心であったり、知識が不足しすぎている場合は、やはり雇用する側も不安になるでしょう。ですから、その企業に就職したい熱意があれば、目も輝くでしょうし、無関心であるはずがありません。また、自ずと面接を受ける態度も姿勢を正すようになるでしょう。面接時の服装乱れなど、印象に悪影響を受けることは、避けたいものですが、本当に必要なのは、自分自身の熱意を評価していると考えて間違いがありません。