面接に行く際の心得と準備

面接に遅刻する時のマナー

面接に行く際の心得と準備 面接というのは、時間を守るというのは当然のことであり一分一秒の遅刻も許されません。遅刻するとかなりマイナスのイメージを与えてしまうことになり、その後どんなに挽回しようとしても難しいです。遅刻しないように自宅を出るのは当たり前のことですが、余裕を持って出ても公共交通機関のトラブルや渋滞など何かハプニングが起きて遅刻することもあります。その際には、遅刻することが判明した時点で連絡をしておくようにしましょう。面接時間のギリギリに連絡をしているようでは、ますます悪い印象を与えてしまうことになるので注意しておきましょう。

面接は、その後の人生にも影響を与えることになる重要な場面であり、時間厳守ということは明らかです。しかしなんらかの原因から遅刻してしまうこともあります。遅刻することが確実になった時点で相手に電話で連絡を入れておくようにしましょう。中には、メールで連絡を入れる人もいますが遅刻の場合には電話をすることがマナーです。もちろん遅刻しないことが一番ですが、連絡もしないまま遅刻をすることは論外であり、一分でも遅れる可能性があるならば電話をするということは面接を受ける上では当然のマナーと言えます。