面接に行く際の心得と準備

面接の逆質問について

面接に行く際の心得と準備 面接では必ず問われる質問が幾つかありますが、その中でも最も頭を悩ませることと言えば、逆質問ではないでしょうか。最後に会社への質問はないのかを問われますが、どのような質問をするのかあらかじめ考えて準備しておかないと、その場で考えて質問をするということはそう簡単なことではありません。質問を準備しておかないと、的外れな質問をしてしまいマイナスのイメージとなってしまいます。それまでの面接内容がどんなに良いものだったとしても、最後の逆質問でマイナスとなると、良い印象はすべて台無しとなってしまうので注意しましょう。

面接の最後に、多くの場合では逆質問はないかを問われます。質問するかしないかを比較すると、質問したほうが意欲があるとされるのでプラスにはなりますが、どんな質問でも良いというわけではありません。会社のホームページを見ればわかることや、面接中に話した内容の質問となるとマイナスのイメージを与えてしまうことになります。もちろんそれのみではなく、給与や休日など自分が楽をしようと考えているような内容を質問すると、良い印象を持たれないことは明らかなので、質問の内容には十分に注意しておくようにしましょう。